メディケアーfacebookページ

「健康寿命延伸」、「未病対策」に役立つ健康測定器の販売の事なら「メディケアー24」へ!

トップページ > 製品一覧 > A-1000 ExpⅡ

A-1000 ExpⅡ / GE healthcare

超音波骨密度測定装置

利便性と正確性の両立を目指す。

骨粗鬆スクリーニングのためにスマートに測定する。スマートに予測する。スマートに持ち運ぶ。高齢化社会が進むにつれて、骨粗鬆症のスクリーニングは非常に重要となってきています。A-1000EXP Ⅱは利便性と正確性を両立。短時間に簡単で正確に骨密度を測定できます。

超音波骨密度測定装置

中心周波数0.5MHz 中心周波数測定精度2%CV
測定方式超音波パルス透過法電源電圧100V-240V 50/60Hz 650VA
最低測定時間約10秒標準寸法305(W)×281(H)×610(D)mm
測定項目SOS値、BUA値、スティッフネス値重 量約13kg
医療機器認証番号223ABBZX00015000
  • 高い安全性

    医療用具承認番号
    201008ZY0103800号

    X線を使用しない超音波方式です。超音波は妊産婦の胎児の観察、診断に日常的に使用されていて、女性や若年層にも安全に測定できます。

    大型LCDタッチパネル

    X線を使用しない超音波方式です。超音波は妊産婦の胎児の観察、診断に日常的に使用されていて、女性や若年層にも安全に測定できます。

    短時間に素早く測定

    測定時の被験者のポジショニングは非常に重要です。A-1000 EXPRESSでは、測定足を支えるサポーターと足先固定用ペグで、常に安定したポジショニングをサポート。被験者も楽な姿勢で測定できます。

  • 圧倒的高精度の3つの理由

    A-1000EXPRESSが他社製品と比較して、圧倒的な高精度を有する主な理由として、次の3点が挙げられます。

    ●厳しい温度管理

    超音波のスピードは温度によって大きく変化します。A-1000では測定中も風船状メンブレン内の温度を約33℃に設定補正しています。

    ●固定式探触子の採用

    発信・受信部が移動する方式はSOS値に大きな誤差を与える可能性が高くなります。ユニークな温湯入りメンブレンの膨張によって、探蝕子を固定したままで測定を可能にしています。

    ●1測定で500回のトライアル

    平均500回ものトライアル(パルス)を行って測定結果を出します。

    アルコール・カップリング方式

    従来のゲル・カップリング法に加え、新しいアルコールカップリング法を採用。ゲルの拭き取りが不要になりました。また、より早くSOS値、BUA値が安定しますので、測定時間も短縮されかつ測定精度も向上しました。

    世界標準stiffness値

    Stiffness値は、骨粗鬆症のスクリーニングおよび骨折予知に有用であると多くの報告がなされています。