メディケアーfacebookページ

「健康寿命延伸」、「未病対策」に役立つ健康測定器の販売の事なら「メディケアー24」へ!

トップページ > 製品一覧 > BFT-3000

BFT-3000 / KETT

近赤外線方式体脂肪計

機能アップで測定スピードも速く。

フィットネスクラブの顧客管理や病院の患者管理に最適な体脂肪計です。さらに近赤外線2波長の生データを出力することができ、研究機関で体組成の研究などにも使用できます。本機には操作性向上のため、プローブ(センサ)ケーブルの中間に手元スイッチを設けました。

近赤外線方式体脂肪計

測定方式近赤外線半透過方式電 源AC100V(ACアダプタ使用)
測定対象体脂肪量・体脂肪率電 源又は 単3電池×6
測定範囲1〜50%(体重に対する割合)寸 法120(W)×250(D)×55(H)mm
表 示LEDによるデジタル表示重 量0.9kg
リースリース対応可レンタルレンタル非対応
分 類本機は非医療機器です。
  • 体脂肪測定だけではない!

    ●あなただけの健康づくり提案。

    BFT-3000は、体重、身長、年齢、活動量、体脂肪量などの個人データを分析したうえで理想的な体脂肪量にするための食事や運動のプログラムを提供します。

    ●人、それぞれが出来る方法で。

    BFT-3000は、個人の体重で換算したいろいろな運動種目のカロリー消費量リストを提供します。

    ●がんばった人にも、がんばれなかった人にも。

    BFT-3000は、過去に測定したデータと新しいデータを比較して評価を行い、新しい食事と運動プログラムを提供します。

    ●出力端子がつき多量のデータ処理ができます。

    BFT-3000は、パーソナルコンピュータと接続し、フィットネスクラブ、学校、企業の医務室、病院などで多人数の長期間のデータを蓄積し評価する事ができます。

    オプション豊富で機能性アップ

    BFT-3000は、BFT-2000の上位器種でAC/DCの2電源方式を採用。また外部コンピュータとの相互通信が可能なRS−232C出力端子を標準装備。ホストコンピュータで顧客管理やデータの蓄積など、幅広い用途に使用できます。
    フットネスセンターの顧客管理や病院の患者管理に最適な体脂肪計です。さらに近赤外線2波長の生データを出力することができ、研究機関で体組成の研究などにも使用できます。
    本器は操作性の向上のため、新たにプローブ(センサ)ケーブルの中間に手もと測定スイッチを設けました

  • 測定は簡単

    使い方は非常に簡単で、必要事項(身長、体重、性別、運動レベルなど)を入力した後、近赤外センサーを利き腕の二頭筋に押しあて、スイッチを押すだけです。1人で測定できますので、プライバシーが守れます。

    高い信頼性

    当然のことながら、人体の測定は食品の成分分析のように、サンプリングして直接測定することができません。通常はキャリパーや体密度法(水中体重法)、D2O法(重水素希釈法)などが使用されています。BFT-3000はこれらの測定法との相関が極めて高く、信頼できる測定値を得ることができます。また使用者による測定個人誤差が少ない上に測定器としてとてもたいせつな、繰り返し精度がすぐれています。使い勝手の良さと信頼性の高さで様々な分野のいろいろな研究への応用が可能です。

    BFT-3000と他測定法との相関係数=γ

    他測定法BFT-3000資料ご提供
    D2O法γ=0,92ヒューマンパフォーマンスセンター調査
    体密度法γ=0,88東京大学体育学・スポーツ科学研究室調査
    くり返し精度γ2=0,98ヒューマンパフォーマンスセンター調査
  • ご利用者様の声

    保健所では栄養指導も運動を含めた総合的な指導を目指しています。測定結果から運動についての処方が出るので大変助かります。
    保健センターでは毎年2ヵ月間の肥満教室を開いていますが減量は努力が必要なので、各人の努力の程度がはっきり数字で出る点が有効です。
    診療所では治療と指導の中で栄養と運動については手薄であった点がありましたが、何項目かを入力すれば、あとは機械がプリントアウトしてくれるので役立ちます。
    人間ドックでは40〜50人の検診を受け持っていますが、一人を1分間位で測定できますのでルーティンの中に入れて全員を測定し個人指導で説明して好評を得ています。また、利用先への訪問指導で個人指導をする際に持参して、コミュニケーションも深まり、集まりも以前よりずっと多くなりました。
    健康診断で従来の身長と体重から出す肥満度では、同じ身長、体重でも運動不足で脂肪の多い肥満か、筋肉質の過体重か判別ができず一様に体重減少指示をする矛盾がありましたが、体脂肪を測定してからは適確な指導で被検者にも好評です。